RIP Ray

rauray.jpg
2010年6月26日、土曜日。 Harlemを拠点に活動するHarlem BoyzのGeoray Hill がハイウェイで動かなくなった仲間のバイクを助けようとした際に巻き込まれ不慮の事故で亡くなりました。享年25歳。俺は当日、一緒にNJ のバイクショウまで走りに行く予定だった。 
ray.jpg
ところが前日、ブルックリンのフルトンで借りたばかりのバイクを没収されて取り返すのに夜中までかかった。 ようやくバイクを取り返した警察署でカメラマンのトモ君が俺にこう言った。 良かったですね!これで明日、Rayの撮影が出来るし一緒にNJにも行けると! でも何だか妙な感じがして行くの止めようとトモ君に告げた。 なんでNYまで来て彼達にアポイントまでとってるのに、しかもバイクまで戻って来たのに行かないんですか!??ってさんざん言われた。何故だか今でもよく思い出せない。ただ何だか嫌な予感がして行くな!と直感的に指令が出た。 仕方なくトモ君が26日の早朝に断りの連絡を入れる。けれども留守電になって繋がらない。事故が起きたのは正にこの頃だった。俺も同行していたら一緒に走っていたら事故に巻き込まれていたかもしれない。 Ray Rayのご冥福を心からお祈りします。
_MG_0004 2.jpg

彼の住んでいたハーレムのプロジェクトの前で残された彼の小さな子供の為に募金をした。 NY中のクラブが集まって何か出来ることはないか!?肌の色、人種の壁を超えて皆でこの子を支えよう。あの団結力、仲間意識のパワーはすさまじい。

ffff.jpg

ハーレム129丁目の教会の前。 NYは昔からレンジローバーが本当に多い。
NJの墓地まで乗せてもらったメンバーの車もレンジローバーだった。
IMG_5981.JPG

phptpword.jpg
asasas.jpg

7月3日に彼の葬儀がNYPDの監視のもと行なわれた。
HarlemからNJ の墓地まで全ての信号を止めてパレード。
rayv.jpg

告別式にて急遽、彼のバナーが用意されて皆で寄せ書きをした。
すぐにお別れのメッセージで埋め尽くされた。彼は本当にハーレムの人気者で多くの仲間から愛され信頼されていたんだ。

gtgtgt.jpg

ujuju.jpg
NJの墓地にて。 葬儀にも呼んでくれて本当に嬉しかったし光栄だった。
ラフライダースからロゴが象られた顕花が届いてた。不謹慎なから、こんなところでもアメリカ流のセンスを感じた瞬間だった。

hyhy.jpg

仲間達は思い思いのデザインで創った洋服を着て告別式に参加していた。
追悼の意味を込めて、その中で自分のセンスも忘れない。俺はRayの追悼Tシャツを着てPoloの日の丸が施されたCapを被って出席したんだ。

IMG_6128.JPG




ハーレムのいたる所でRayの追悼が書かれた車が走っていたよ。
すぐに消せるペンでガラスに追悼メッセージを書くのはアメリカ流の弔い方だね。
lolo.jpg


























Bronxにて追悼式。

dedde.jpg
















ハーレムの街中いたる所で配られたカード。
dededede.jpg

リーダーのHuggieは悲しみの中、多くの仲間を仕切ってRayを見送っていた。

asasasas.jpg
2009年Brooklynにて。俺の撮った最後の2ショット。
hyhy.jpg